レーザープリンターは PostScript 対応で

昨年の暮れにレーザープリンター(MICROLINE Pro 9800PS-S)が壊れてしまいました。
10年以上ノントラブルでがんばってくれましたがメーカーのサポートはとっくに終了してるし、
買い換えを即断。最近は出力することもかなり減りましたが、やはり無いと困るので…

A3以上できればA3ノビ対応

・PostScript 対応であること 色味は最重要ポイントです

を必須条件にして、Too.さんに相談。提案いただいた機種は以下の3機種。
(下に行くほど安価になります。価格等はメーカーサイトでご確認ください。)

MICROLINE VINCI C911dn/A3ノビ

DocuPrint C4000 d/PostScript キットで SRA3サイズに対応

COREFIDO C841dn/A3

決め手になるのはやはり色味と印刷速度。Too.さん経由でメーカーに重たいイラレデータを預けて
実機での出力をしていただきそのデータでオフセット印刷した上がりと比較。



実機の個体差もあると思いますが、まず C911dnは除外。
残りの2機種は印刷の上がりにかなり近く、驚きました。

価格と用途等を考慮した結果、5年保証の COREFIDO C841dnに決定。
年明けに引き取り&納品・設定をしていただきました。
9800PS-S と比べて起動も出力スピードも速く、大満足です。



プリンターが納品されるまでの間、セブンイレブンの出力を数度利用しましたが
上がりの良さにびっくり!セブンイレブンは FUJI Xerox の複合機でしたが、
徒歩圏にあったらプリンターの購入もやめてたかもしれません。
(イラレのデータのままでは出せないので、pdfに変換していく必要はありますけど)

使えなくなった未使用のA3ノビ用紙は、学校で使ってもらうことにしました。

 

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA